2018/07/10

レビュー:Holes (Louis Sachar)



Holes
著:Louis Sachar
お気に入り度:★★★★☆
読みやすさ:★★★☆☆


なぜか「英語多読と言えばこれ!」みたいな、学習者は必ず読まなくては行けないような位置づけに祭りあげられている感のある、ルイス・サッカーのHoles。

※後半にちょっとネタバレも含む読み方ガイドを書きます。(目印付けておきます)
 もし読みづらいと感じた場合は参考にしてみて下さい。
 ネタバレを嫌う方はご注意。


なんだか、多読教材みたいな評価はちょっと不当だと思っていて、単純にサッカーが好きなら読めば良いんだよなぁ~と思っています。
多読ってのは、無理してがんばろうとしても続きませんので、勉強と思って読むよりは、楽しく読めるレベルのものを選ぶのが良いし、楽しく思えないならやらなくて良いと思っています。

それはそれとしてレビュー。
いかにもサッカーらしいストーリーテリングですね。
Marvin Redpostなどでも同じですが、最後に上手くまとまっていく感覚がすごいです。
主人公のめげないキャラクターも好感が持てますね。

4.5万語を超える長さですので、洋書を読むことに少し慣れてきている必要はあると思います。
単語はたまにちょっと難しいものが出てきたりします。
キャンプでの生活で出てくる単語は繰り返し見かけるので、読んでいるうちに覚えちゃいますね。

Lexileは660となっていますが、長さを考えると700台くらいと見ても良いのかなという感覚。
序盤、ストーリーに入り込むまでが少し長いのですが、そこを過ぎれば楽しめます。


■■=====以下、ストーリーの核心に触れない軽いネタバレ含みます。
さて、とはいえ、ちょっと長いストーリーです。
そして、サッカーらしく、いろいろな伏線が張り巡らされているので、ちょっとストーリーを理解するためのヒントを。

まず、登場人物を注意して読んでいくことをオススメします。
特に、名前も大事です。
主人公がキャンプで出会う友だちがキーになってきますので、その辺に注目してみて下さい。

また、過去の話と現在の話が並行して進んでいきます。
過去の話は最初はただの昔話のような感じで挿入されますが、実はちゃんと後で繋がりますので、これも注目ですね。


■■=====以下、ネタバレです。
僕自身、最初に読み終わったとき、全てを理解できなかったのですよね~。
結構大事なところを見逃していまして。

洋書の多読は読むスピードがある程度大事でして、ゆっくり読んでいると最初の部分の記憶が曖昧になってきますので、こういう伏線が張り巡らされている本だと、訳が分からなくなってしまいます。

ズバリ、キーワードはゼロの本名と、スタンリーの先祖にかかったのろいですね。
スタンリーの先祖が豚を運ぶうちに体が鍛えられるというくだりは、スタンリー自身が穴を掘っていて強くなっていくところとオーバーラップしています。

全体としては、スタンリーとゼロの友情物語でもあり、運命と呪いのおとぎ話でもあるという感じになっています。
この辺の作りはサッカーのとても上手いところですね。

2018/07/09

レビュー:Sunset of the Sabertooth(Magic Tree House 7) / Mary Pope Osborne



Sunset of the Sabertooth
著:Mary Pope Osborne
お気に入り度★★★☆☆
読みやすさ★★★☆☆

マジックツリーハウスの第7巻。
今回の目的地は氷河期の時代。

サーベルタイガーにマンモスといった、おなじみの古代生物が出てきます。
まぁ、もうちょっとこの辺は知識的に深掘りがあったらおもしろかったかなぁと思いますが。
日常会話であまり出会わないような単語が出てくるとちょっと取っつきやすさは下がりますね。
ただ、登場人物も少なく筋は追いやすいのがこのシリーズの良いところです。

2018/07/05

多読の記録には、多読王国が便利。

「多読」として洋書を読んでいる方は、多かれ少なかれ、英語の勉強という切り口でたくさん本を読まれているのだと思います。

ただ趣味で読んでいるのなら記録は必要ないかもしれませんが、勉強も兼ねているのであれば、今何冊・何語読んでいるのか、という記録をするとよりモチベーションの維持がしやすいでしょう。

そんな時に便利なのが、多読王国というサイトです。

●多読王国
https://tadoking.com/


■多読王国ってなに?

洋書の読書記録を行うサイトです。
読書記録という意味だと、読書メーターなんてものもありまして、僕もそちらを利用していたことはあるのですが、多読王国は洋書の多読に特化しています。

そこで便利なのは、読んだ語数を記録できるというところ。

特に多読初心者のうちは、やさしめの薄い本を読む場合もあります。
そうすると、冊数より語数の方が、記録として有効なのです。

さらに、毎月何語読んだかというのを棒グラフでみることもできます。
自分の達成度がビジュアル的に見えるので、モチベーションも上がりますね。

■語数も調べやすい

学習者向けのリーダー教材なら、語数が書いてある本もあると思います。
しかし普通のネイティブ向けの本には、1冊で何語か、なんて書いてありません。

多読王国では語数の調べ方が書いてあるほか、他の方のレビューなどをみると、他の方が何語で記録しているかを参考に見ることができます。
あくまで参考なので厳密に正しいとは言えない場合もありますが、こういう記録はだいたいでOKでしょう。

ちなみに語数は、どうやら昔はAmazonとかで調べられたらしいのですが、最近は見られなくなってしまったようですね。
新しめの本は語数が分からないものが多いのが残念です。

■自分にあった本を探せる

ひとくちに洋書と言っても多種多様、めちゃくちゃ数があります。
多読王国では、自分と同じく「洋書を多読する」という目的で読んでいる方がたくさんいますので、そういった人たちが選んでいる本を参考にすることができます。

ネイティブ向けのベストセラーが多読に向いているかどうかというとちょっと分かりませんからね。
もちろんゆくゆくは面白そうなものなんでも読めるレベルを皆さん目指すのでしょうが、最初は読みやすいものを選びたいところ。
そういうときには、先達がどういうものを読んできているのかという目録は、非常に参考になります。

■記録して充実した多読ライフを!

記録するだけのダイエットなんてのも流行ったりしていますが、とにかく記録をつけるということは大事。
今自分がどのくらいやっているのか、目標との差がどのくらいなのか正確に分かりますので。
ぜひ多読王国を活用してみてくださいね。

レビュー:Afternoon on the Amazon(Magic Tree House 6) / Mary Pope Osborne




Afternoon on the Amazon
著:Mary Pope Osborne
お気に入り度★★★☆☆
読みやすさ★★★★☆

Magic Tree Houseシリーズの第6巻。
モーガンを助けるためのアイテム探し、2つ目です。

前作のニンジャは、日本人からするとちょっとアチャーという感じでしたけど、アマゾンももしかしたらなじみ深い人からしたらそうかも。(^_^;)
なんだかディズニーランドのアトラクションか、ドリフのコントか、というような感じで話が進みます。
テンポは良いですけどね!

なかなか情景を表す英単語、森の自然や動物の動きや鳴き声などの語彙というのは、テストの英単語を勉強していても見かけないものが多く、読みづらくもあり、でも、勉強にはなるからラッキー、と言ったところでしょうか。

勉強という点からみると、良いですね。
面白くないわけじゃないですし。

レビュー:Night of the Ninjas(Magic Tree House 5) / Mary Pope Osborne



Night of the Ninjas
著:Mary Pope Osborne
読みやすさ★★★★★
お気に入り度★★★☆☆

Magic Tree Houseの第5巻です。
シリーズものですので順番に読むことをお勧めします。

一応、4巻ごとに話の区切りがあるので、この5巻目は新しいシリーズの最初になります。

今度のジャックとアニーの行き先は、中世の日本。
そこで忍者と出会います。

忍者っていうのも、日本でも人気ですけど、海外の子どもも良く知っているのでしょうね。
ただし、正しいかどうかは別。
まぁ、忍者について何が正しいかって日本人でも良く分からないんですけど、正直言ってこれはどうかな、という感じです。
忍者とサムライが戦ってるらしいですけど理由は良く分からないし、なんか漠然としています。

その辺、笑って読める人じゃないとちょっと厳しい巻ですね。(^_^;)
そんなわけで、お気に入り度は3にしました。
海外の人が持っている「ニンジャ」のイメージみたいのを知る機会としては面白いですけどね。

Lexileは280となっています。
まぁでもマジックツリーハウスシリーズは400くらいと思った方が良いかなという感じです。

レビュー:The Case of the Missing Family



The Case of the Missing Family
読みやすさ★★★★☆
お気に入り度★★★★★

Unlimited対応です。

犬が主人公のミステリー、The Buddy Filesの3巻目。
「The Case of the Missing Family」ですよ!
タイトルからもおわかりの通り、いよいよ、シリーズ当初からモヤモヤしていたこの問題の核心に迫っていくのか!

この作者のすごいところは、犬がよくとる行動をストーリーに取り入れて、それに意味を持たせているところ。
すごく自然に犬が賢そうに見えます。


ちょっとネタバレ的な感じもありますが、僕が読んでいてちょっと読みにくかったなと思ってしまったところをやり過ごすコツを書きます。
ネタバレを嫌う方はここから先は読まないで!

今回のBuddyはかなり気合いが入っていますね。
彼にとって一番大きな問題ですから当然ですが。
で、ストーリーの途中でBuddyが、本の絵が描いてあるバンの横を通り過ぎるシーンがあります。
僕が読んでいたとき、ここのシーンにちょっと唐突な感じを受けて、シックリ意味が理解できず、何度か読み返してしまいました。
ただ最後まで読めばなんてことない、後で意味が分かるよ、という類いのシーンでした。

多分日本語で読んでいても、ちょっと良く理解できない部分だったと思いますが、英語で読んでいると、語学力の問題なのかなと思ってしまいました。

なのでコツとしては、ここはサッと読み飛ばして下さい。(^^)
読み進めれば、なるほどぉと思うはずですよ!

2018/07/04

レビュー:Pirates Past Noon(Magic Tree House 4) / Mary Pope Osborne




Pirates Past Noon(Magic Tree House 4)
著:Mary Pope Osborne
読みやすさ:★★★★☆
お気に入り度:★★★★☆

マジックツリーハウスシリーズは4巻ごとに一区切りになりますので、このPirates Past Noonがシリーズで最初の区切りになります。
謎の人物Mに迫るこの4巻は盛り上がりますね。

4巻も、子どもならみんな大好き(?)海賊の話です。
登場人物が少ないのがちょっと世界観の広がりには欠けるかなとも思ってしまいますが、読みやすいところでもあります。
ただ、今回、海賊はちょっとなまっていますので、そこは読みづらいかも。

文字ならまだいいのですが、これオーディオブックで聞いているとなかなか手ごわいです。
でもネイティブの子どもなら普通にわかるのでしょうね。
そういう意味で、勉強としては良いです。