2019/08/07

レビュー:Wonder



Wonder
著:R.J.Palacio
読みやすさ:★★★★☆
お気に入り度:★★★★★


映画にもなった話題の本ですので、もはや紹介の必要もないんじゃないかというくらい有名なWonder。

とはいえ一応簡単に紹介いたしますと、先天性の疾患のため顔に障害を持つAuggie(August)が初めて学校に通うことになり、1年間の生活を通しての成長が描かれるというストーリーです。

まぁ、こういうとなんですが、割とベタな感動のストーリーではあるのですが、主人公だけでなくいろいろな登場人物の視点を切り替えながら語られるため、1つの出来事のいろいろな側面が描かれ、深みが出ています。
なので、それぞれのキャラが単にいいやつ・悪い奴というわけでもなく、なるほどこういう裏があったのね、みたいな気づきは面白いです。

英語自体も全体的に読みやすいかなと思いますし、読んで損はないかな。

Lexileレベルでは高めの790となっています。もう少し読みやすいんじゃないかと個人的には思いますけど。
そんなわけで、個人的なYLは5としておきます。

■■=====ちょいネタバレ含む、スターウォーズネタの話
主人公のAuggieはスターウォーズがすごく好きという設定なので、説明なくスターウォーズ用語が使われます。
まぁ、アメリカだとスターウォーズはもはや誰でも知っている前提知識なのかな。

僕もスターウォーズは好きなのですが、もしかしたらあまり詳しくない方はわかりづらいところがあるのではないかと思い、趣味も兼ねて書いてみます。

●パダワン
スターウォーズ世界では、ルークやアナキンなどジェダイという特殊な能力を持った人たちが活躍しますが、その見習のことをパダワンと言います。
パダワンは髪の毛の一部を房にして伸ばすことになっていて、晴れて一人前のジェダイナイトになれたときにこれを切ります。
Auggieもパダワンのように髪の毛を伸ばしていたのですが、これを切るというのは彼にとって大きな意味を持つことだとわかります。

●ボバ・フェット
スターウォーズに登場する賞金稼ぎで、緑色っぽい前進鎧を着ています。
ヘルメットもかぶっているので顔は見えません。
なので顔を隠せるコスチュームとして、Auggieはこれをハロウィーンに選んだのですね。

ボバ・フェットの出自はちょっと複雑で、一応父親はジャンゴ・フェットといいますが、実はボバはジャンゴのクローンという設定です。
ジャンゴは優秀な賞金稼ぎだったため、スターウォーズ世界でクローンの兵士軍団を作るときに自分の遺伝子を提供したのですね。
その報酬の一つとして、100%のクローンであるボバをもらったということになっています。

そのため、ボバとジャンゴはほとんど同じ色違いのような鎧を着ています。

●モン・モスマ
モン・モスマは反乱軍の指導者ですが、映画にはあまり出てきません。
ただ、すごい変な髪形なんですよね。

●ダース・シディアス
いわゆる悪の皇帝。
ダース・シディアスはシスの暗黒卿というジェダイの宿敵となる存在です。
エピソード3の戦いのとき、シディアスは自分の放った電撃を跳ね返されて、顔が焼けただれてしまいます。
これがAuggieにたいするからかいになっているというわけですね。

●Loboto
エピソード5で出てくるキャラで、耳に機械がついています。
このキャラ、映画の中では名前はでてこないんじゃないかな?
かなりマニアックです。

Auggieは、補聴器がLobotoっぽいから嫌だといっていますが、同じくスターウォーズ好きな医者は「ジャージャーじゃないんだからいいだろ」と慰めています。
ジャージャーというのは、ジャージャー・ビンクスというキャラ。
これはエピソード1~3でかなりたくさん登場するのですが、なぜかスターウォーズファンの中ではめちゃくちゃ評判が悪いんですね。

それが裏にあるうえでの、「(不人気な)ジャージャーじゃないんだから、ロボトならいいじゃないか」という意味ですね。

●皇帝のガード
ダース・シディアス(皇帝)は、まぁ当然偉い人なので、特別な親衛隊が周りにつきます。
ロイヤルガードという赤い兵隊なのですが、Auggieは、自分の周りを守るように取り囲む友達を見て、自分が皇帝になったみたいだと思ったっぽいですね。

●表彰式
エピソード4の最後は、主人公のルークたちがデススターを破壊したことに対して表彰されるシーンになっています。
Auggieが思いつく表彰式と言えばこれだったのでしょうね。
この時の音楽が頭のなかでなり続けたというのも、ニヤリとさせる表現です。

2019/07/30

レビュー:There's a Boy in the Girls' Bathroom



There's a Boy in the Girls' Bathroom
著:Louis Sachar
読みやすさ:★★★★☆
お気に入り度:★★★★★

ルイス・サッカーは子どもの心理描写が本当にうまい!
なんだかへそ曲がりな行動ばっかりとってしまうBradlyとカウンセラーのCarlaを中心に、転校生や気の強い女の子など、よくあるピースを組み合わせながら独特な読み応えのあるストーリーになっているからさすがです。

自分自身が子どものころはそうじゃなかったけど、クラスに一人くらいはこういうあまのじゃくな子がいたかなぁとか、ああ、その子ってこんな気持ちだったのかもしれないなとすごく入り込めるのですよね。

サッカーというとHolesが有名ですが、僕は個人的にはあのストーリーはあまり気に入らなかった。
There's a Boy in the Girls' Bathroomとか、Someday, Angelineみたいな方がサッカーの真骨頂かなと思ってます。

分量的には3万語ちょっととなっていて、多読に慣れてきて少し長いものに挑戦したくなった方にちょうどいい。
文体や単語は優しめながら、本格的な長編への導入になります。

Lexileは490だそうです。YLは5くらいかな。

2019/06/27

レビュー:Jake Helps Out: Biblical Values (I Can Read! / The Jake Series)



Jake Helps Out: Biblical Values (I Can Read! / The Jake Series)
著:Crystal Bowman
読みやすさ:★★★★★
お気に入り度:★★★★☆


ネイティブの子どもむけ読み物シリーズ、I Can Readのレベル1です。
Kindle版だと、なんと50円!

うさぎ(?)のJakeはお手伝いをしたいのにうまくいかなくてがっかり。でもパパとママはちゃんとJakeの良いところをみていましたよ、というよくあるお話です。

英文の構成が非常にシンプルで読みやすく、単語を調べていけば迷うことはなさそう。
多読のスタートにおすすめです。
いきなり長いものを読もうとすると負担かもしれませんし、学習者向けに書き下されたものって値段の割に面白くなかったりしますが、これは普通のネイティブ向けの絵本としてよくできてるかなと思います。
なにしろ、安いですからね。

約500語だそうで、これが10冊読めたら、マジックツリーハウス1冊読めますね。
YLは1。Lexileは不明です。

レビュー:Little David Sings for the King (I Can Read! / Little David Series)




Little David Sings for the King
著:Crystal Bowman
読みやすさ:★★★★★
お気に入り度:★★★★☆


ネイティブの子供むけグレード別読み物シリーズ「I Can Read」のレベル1の本です。
出版社の説明によると、未就学児~3年生くらいとなっています。
母語で考えればやっぱり、未就学児くらいかな。
小学校1~2年の教科書に載るくらいなレベルかと思います。

小さなネズミのDavidが主人公のシリーズですが、Kindle版がなんと一冊50円で買えてしまいます。(記事執筆時点)
多読初心者の方がとにかく最初に簡単なものをたくさん読みたいという需要を満たすにはもってこいかなと。
おはなしもかわいいですし。

英文はとても構文が簡単になってますので、もし単語が分からなくても意味を調べれば迷うことなく読めるのではないかなと。

多読王国を見ると、語数は377となってますね。

シンプルで単純ではありますが、それでもネイティブ向けですので、日本人向けの教科書とは違った生の英語です。
英語のニュアンスをつかむにはこういうレベルの本をまずはたくさん読むことが近道だと思います。

レビュー:The Red Pyramid (The Kane Chronicles Book 1)



The Red Pyramid (The Kane Chronicles Book 1)
著:Rick Riordan
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★★☆

パーシージャクソンシリーズが有名なリック・リオーダンのケイン・クロニクルというシリーズの第1巻。

基本的なノリはパーシージャクソンシリーズと似ているところがありますね。
本作はエジプト神話がテーマになっていて、主人公の兄妹がエジプトの魔法使いの力を使って世界を救うという感じになってます。

パーシージャクソンシリーズが好きな読者ならおすすめ度は★5個です!

第1巻から12万語レベルとちょっと長いので気合はいりますね。
それと、エジプトの神様の名前など発音が分かりづらい固有名詞が出てくるのは相変わらず。
ただ、なんとなく全体的にパーシージャクソンシリーズよりも読みやすいと感じることが多かったです。
単語のチョイスが少し簡単めになっているような。。。気のせい??

本作は英語版では3冊となっていますが、翻訳は原書の2巻までしか出ていないようで、こういう時には洋書が読めてよかったと思いますね。

Lexileも650と少し低めになっています。
YLは6としておこうかな。

2019/06/17

多読ってどのくらいすれば効果があるの?


多読がいい!って言われますけど、いったいどのくらい読めば効果が出るのでしょうか?
僕自身の経験から書いてみます。

■最初は5万語を目指す

僕は多読、というか英語を読むのがすごく苦手でした。
TOEICで900を超えていても、とにかく長い時間読めなかった。

ずーっと苦手意識があったので、目標を高く設定しすぎると失敗すると思い、まずは5万語を目指そう!ということに決めました。

●5万語読んだら → 英語への抵抗がなくなった
5万語読んだ時点で、英語を読むことの抵抗感がスーッと消えていっているのを感じました。
この最初のハードルを越えたことが僕にとってとても大きくて、とにかく最初の5万語というのは今まで越えられなかった壁を越え、多読へのドアを開いてくれたのでした。

このころ読んでいたのは「Magic Tree House」シリーズ、「Marvin Redpost」シリーズなど。
1冊3000~5000語程度の短くやさしいシリーズです。

正直言ってTOEIC900点というレベルから過ぎると「簡単すぎる」というものではあるのですが、リーディングが苦手だった僕にはこれがちょうどよかった。
全体の英語力がある程度高くても、分野による得手不得手は人それぞれ。
多読を挫折せずに始めるには苦にならないレベルの本を選ぶことが大事です!

■10万語でペースをつかむ

次の目標は10万語。
たかが倍、されど倍。(^_^;)

ここで投げ出したくないので、読んでいたのはやはり引き続き「Magic Tree House」シリーズ。
シリーズが進むにつれやや展開も複雑になってきている感じもありましたが、基本の設定が分かっているので続けやすかったですね

●10万語読んだら → スピードも上がってきた!
10万語くらいで感じたのはスピードアップですね。
僕はもともと文法は得意な方なのですが、たくさん簡単な英語を読み続けることで、英文をまとまりでつかんでいくコツみたいなものが身についてきたように思います。
いわゆるスラッシュリーディングのようなスキルですが、どんどん前から塊ごとに読めるようになってきて、スピードは上がりました。

今までは一文が長いと意味がとりづらいと感じていたのですが、結局のところ塊ごとに理解すればいいので、一文が長くてもあまり関係ないんだなと気づきました。

■50万語の大台でTOEICでも効果を実感

次のマイルストーンは50万語。

ここにたどり着くまでには読む本のレベルも何度か変わっていて、

25万語程度まで → Magic Tree Houseシリーズ中心
40万語程度まで → 2万語~4万語程度の中編
40万語以降 → パーシー・ジャクソンシリーズに手を出し始める

という感じです。
2~4万語程度の本は、具体的には、「The Buddy Files」「Cora Flash」という2つのシリーズなどを読んでいました。
Kindle Unlimitedで読めるのでお勧めです。

●50万語読んだら → TOEICのリーディングが時間内に解けた!
TOEICのリーディングセクションって時間との戦いですよね。
これが時間内に解けたというのがとてもうれしかった。

別にTOEICっぽい読み物を読んでいたわけではないのですが、結局のところ、文字で読んだ英語を解釈するスピードが上がることは効果があるわけですよ。(当たり前ですが)
ついでに言っておきますと、TOEICのPart3・Part4で選択肢を読むスピードもめっちゃ速くなりました。

よく対策本では選択肢を先に読むように、なんて書いてありますが、なかなか時間が無くて読めないよって方もいらっしゃると思います。
リーディングスピードが上がればこれも楽勝になります。だからリスニングにも効果ありですよ~。


■まとめ

ということで、僕が効果を実感してきたタイミングについて書いてみました。
なにより自分の読んだ語数を数えておくというのは大事だと思います。
モチベーションの維持につながりますからね。

それと、書店の洋書コーナーなんかではやたら長そうな本が「TOEIC470点向け」なんて紹介されていたりしますが、特にリーディングに苦手意識がある方はそんなのに騙されず、もっと簡単なものから始めましょう。
とにかく、簡単すぎるかなと思っても、挫折して辞めてしまうよりずっとまし。

簡単な英語でも面白いものはたくさんあります。
アーノルド・ローベルの本とかもおすすめですよ!
簡単なものであっても、英語での表現の面白さだったり、英語をそのまま理解する練習になりますので、楽しみながら読みましょう!

レビュー:Owl At Home



Owl at Home (An I Can Read Book 2)
著:Arnold Lobel
読みやすさ:★★★★★
お気に入り度:★★★★★

Frog and Toad(がまくんとかえるくん)で有名な、アーノルド・ローベルの作品です。
登場人物がふくろうくんだけなのに、想像力あふれる短編ストーリーがつぎつぎと展開して、思わず笑っちゃったりほのぼのしたり。

I Can Read Bookというグレード別の読み物シリーズのレベル2ということで、文章もとても読みやすいものになっています。
登場人物が1人でシンプルなのも、とっつきやすいかも。
Audibleでは朗読音声も聴けるのでこちらもおすすめ。
とてもリズムのある朗読になっていて、まねしてみるのも英語の練習に良いですよ♪

Lexileは490。YLは4かな。

アーノルド・ローベルの作品は英文からシーンがイメージしやすく、英語をイメージで理解するための入り口としてとても良いと思うので全部おススメです!