2018/11/12

レビュー:Percy Jackson and the Last Olympian (Book 5)



Percy Jackson and the Last Olympian (Book 5)
著:Rick Riordan
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★★★

パーシー・ジャクソンシリーズ、一応の完結編となります。
一応この後もシリーズの続編は出ていますが、ここで「Percy Jacson And The Olympians(パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々)」は一区切り。

Lukeの体に復活したクロノスとの最終決戦ですね。
そして、パーシーとアナベスはどうなっちゃうの?というお約束展開もあり。(笑)

タイソン、グローバーはじめ、いろいろなキャラクターたちに見せ場が用意されていて今までシリーズを読んできたファンとしては見逃せないです。

難点は、、、長い。(^_^;)
9万語近い長さとなっています。
それとシリーズ全体の特徴ですが、パーシーの一人称でストーリーがすすむため、別の場所のシーンはパーシーの夢で断片的に語られます。
前後のシーンがコロコロ変わるところはちょっとついていくのが難しいときもありますね。

ストーリーはこのあと、「The Heroes of Olympus」というシリーズに続きます。
こっちもねぇ、もっと長いんですよね。
しかしパーシーたちの活躍はまだまだ見たい!
だからいつか読むと想います。。。。

読みやすさは、長さを考えると少し低めかなと。
Lexileは690とのこと、YLは7くらいかな。

2018/10/23

レビュー:Ghost Town at Sundown (Magic Tree House)



Ghost Town at Sundown (Magic Tree House)
著:Mary Pope Osborne
お気に入り度★★★★★
読みやすさ★★★☆☆

マジック・ツリーハウスシリーズの第10巻。
今回は西部のゴースト・タウンが舞台です。

マスターライブラリアンになるための試験としてなぞなぞを解くのですが、なぞなぞは詩になっていて、リーディングとしてはちょっとむずかしいですね。
あまり気にしなくても良いんですけど、わからないと逆に気になってしまったりしますので。

それと、昔の人が出てくるストーリーではやや古い単語や地域の訛りが出てきたりするので、そこも難易度を上げているかも。
勉強になるといえばなりますね。

ただ個人的にはなぞなぞの答えが気に入ったし、物語のオチは良かったのでお気に入りです。

Lexileは510となっています。YLは2かな。

レビュー:Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth (Book 4)



Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth (Book 4)
著:Rick Riordan
お気に入り度★★★★★
読みやすさ★★★★☆

パーシー・ジャクソンシリーズも、区切りとなる第5巻まで残すところわずかとなる、第4巻です。

前巻Titan's Curseではアナベスがあまり登場しないので個人的にはちょっとさみしかったのですが、今回はアナベス全開です。(^_^)
ハリー・ポッターもそうだけど、主人公たちの年齢が上がってくるからだんだん男女とかも意識し始めたりしますね。
パーシーのお母さんの方も気になりますけど。

今回はタイトルに有る通りラビリンスを巡るストーリー。
ラビリンスというのはギリシャ神話でミノタウロスがいるあのラビリンスです。
テセウス、ダイダロス、イカロスなどの有名な英雄たちの逸話も話に絡んできます。

シリーズが進むに連れ登場人物も増えてきますが、どのキャラクターも魅力的なところがすごい。
特に、ハリー・ポッターみたいに主人公がウジウジしてないのが良い。(笑)

パーシーとアナベスどうなっちゃうの~?
ニコは???
といろいろ気になるところを残しつつ、第5巻に続くのでありました。。。

個人的にはアナベスとタイソンが出てくるのでお気に入り度は★5!
相変わらず固有名詞系が読みづらいんだけど、もう4巻ともなるとわりとコツが掴めていることもありますので、★4としてみました。

Lexileは590となってたのですけど、いや~、600~700台はあるでしょう。

2018/10/04

レビュー:The Happy Hollisters (English Edition)



The Happy Hollisters (English Edition)
著:Jerry West
読みやすさ★★★★☆
お気に入り度★★★★☆

Kindle Unlimited対応。

1冊3万語ほどで、全33巻のシリーズです。(ただし、2018/10時点ではKindle版は24巻まで)
Unlimitedで大量に読もうと思ったらうってつけのシリーズですね。

7人家族のHolisterさん一家が主役、一応ミステリーのようです。
第1巻は、Holister家が田舎の大きな家に引っ越すところから話が始まります。

1冊がそこそこ長いので、いろいろなことがあるのですが、何にしてもちょっと一筋縄ではいかないのですよね。
で、各章ではられた伏線がだんだん回収されていく感じです。

1953年に刊行された本ということで、舞台とかキャラクターの生活感とか英語とか、今とは少し違うなという部分もありますが、それでもさすが長く残ってきたシリーズだけあり、面白く読めました。
特に、前半少し登場人物も多く入りづらいですが、後半面白くなりますのでぜひ投げ出さずに読んでみてほしいです。

Lexileは登録なし。
でも500台くらいかなと思います。
YLも5かな。

2018/09/28

レビュー:Percy Jackson and the Titan's Curse (Book 3)



Percy Jackson and the Titan's Curse (Book 3)
著:Rick Riordan
読みやすさ★★★☆☆
お気に入り度★★★★★

パーシー・ジャクソンシリーズ、第3巻。

最初はとっつきにくかったパーシー・ジャクソンシリーズですが、やはり世界観や登場人物の関係がつかめてくると読みやすくなってきます。
第1巻はめちゃくちゃ時間がかかったのですが、この3巻は15時間ほどで読めたのかな。
まだまだ遅いけど。。。

1巻、2巻と、デミゴッドの子どもたちのサマーキャンプからスタートしていましたが、本作は初めて冬の設定です。
この3巻では、英雄ヘラクレスの名前がいろいろなところで出てきます。
ヘラクレスの話を知っているとより楽しめるかも。

ちなみにこの本とは無関係ですが、YoutubeのTED-Edというチャンネルで、ヘラクレスの神話を手短にまとめている動画がありましたので紹介しておきます。


デルフィの神託で語られた運命はどうなるのか!?
読み終わってすぐ次の巻が読みたくなってしまいました。(^_^;)


余談ですが、このパーシー・ジャクソンシリーズ、ハリー・ポッターと比べられることもあります。
まぁ確かに、実は主人公は普通の人間じゃなかった、というところから、その特別な子どもが集まったキャンプ(学校)というところは似ているかなと思います。

ただ、ハリー・ポッターは学校生活が中心なのに対し、パーシーはクエストで、戦闘シーンも多く盛り上がります。
また、出てくるキャラクターが、僕はパーシー・ジャクソンのほうが好きですね。
ハリー・ポッターってなんか面倒くさいやつだなと思ってしまいますけど、パーシーは結構良いやつでがんばりますので。
シンプルといえばシンプルなんですけどね。

全5巻で一段落なので、折返し地点を過ぎました。
次も楽しみ。(^_^)

Lexileは630となっています。YLは7くらいかな。

2018/09/14

レビュー:Small Pig



Small Pig (I Can Read Level 1)
著:Arnold Lobel
読みやすさ★★★★★
お気に入り度★★★★☆

Frog and Toad(がまくんとかえるくん)でお馴染みの、アーノルド・ローベルの作品です。
Amazonの商品名だと「Small Pig (I Can Read Level 1)」となっていますが、上の表紙の絵を観ても分かる通り、Level 2が正しいようです。

Frog and ToadもLevel 2なのですが、英文の分量はこちらの方が少なく全体で800語ほど。
絵も多くより読みやすいですね。

主人公のこぶたは泥が大好きなのに、ある日、家をきれいにされてしまいます。
怒って家出していろいろな場所を訪れる、というお話です。

なんとなく教訓じみたところもあるような無いような、すごい盛り上がりどころがあるわけでもなく、僕には不思議な雰囲気のお話に感じられました。
それでも引き込まれてしまうのはローベルのすごいところ。

Lexileは440。
I can readシリーズはネイティブの子ども向けのレベル別リーダーシリーズで、日本語の英語学習者向けとは同じレベル別でも手加減の仕方が違いますね。

個人的にはネイティブ向けのレベル別の方が、ネイティブが言葉を覚える道筋に準じているので、質は高いかなと思っています。
リアルな言葉が学べると言うか。

Frog and Toadだけじゃない、ローベルの世界をもっと知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

2018/09/13

レビュー:The Case of School Ghost (The Buddy Files)



The Case of the Library Monster
著:Dori Butler
読みやすさ★★★★☆
お気に入り度★★★★☆

Kindle Unlimited対応。

犬が主人公のミステリーシリーズの第6巻です。
ずーっと話題になってきていた、学校のおばけの謎がいよいよ解き明かされます。
ファンとしてはタイトルだけでもワクワクしてしまうところ。

今回は学校でずっと行われているイベント、4年生が図書館に泊まるというところから始まります。
バディも一緒に夜の学校に泊まることになりますが、学校のおばけの正体は!?

バディの犬らしい行動の描写はもう慣れたもので、安定の面白さ。
さらに、1冊ごとに一応話の区切りはつきながらも散りばめられてきた伏線も回収されてうまい話の持っていきかたです。

いったんこれでシリーズ完結なんでしょうか???
なんか調べると第7巻がありそうなのですが、Amazonで出てこないのですよね。
気に入ったシリーズなので続きが読みたいところですが。

1万語程度の手頃な長さで読みやすいシリーズ。
Lexileは610となっています。