2019/01/08

レビュー:Heroes of Olympus: The Lost Hero



※なぜかAmazonのKindle版の画像が取れなかったので、上のはハードカバー版へリンクしています。

Heroes of Olympus: The Lost Hero
著:Rick Riordan
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度: ★★★★☆

パーシー・ジャクソンシリーズは5巻まで(+外伝1巻)でいったん区切りとなり、本書から新シリーズとなります。
日本語版では、パーシー・ジャクソンシーズン2というような表示になっていますね。
時間軸的には、The Last Olympianのすぐあと(半年後)になります。

Jason、Piper、Leoの3人の新キャラクターがメイン、キャンプのメンバーも先のTitanとの戦いで戦死したキャラも多く、だいぶ入れ代わっているのはちょっと寂しいところです。

今作から異なる点としては、今まではパーシーの1人称でしたが、今回からは3人称視点になっています。
今までよりもいろいろな側面からストーリーが語られ深みは出る反面、主人公に強烈に感情移入するという感じではなくなってしまいました。
なので、パーシーとともに感情的に盛り上がるような雰囲気でなくなってしまったのも少し残念。

また今作からは神々などの名前がローマ風に呼ばれるところが多く出てきます。
Zeus→Jupiterみたいな感じで。
これがまた、せっかくギリシャ読みの発音に慣れたのに、また読みづらいんだなぁ~。
最初はすこし辛抱が必要かも。

あと長いですね。13万語くらいで、これはいままでにくらべて1.5~2倍くらい。
読みごたえは相当あります。

ストーリーの構成はさすがというか、やっぱり先が気になってどんどん読みたくなってしまうし、ちょうどいいところで旧作のキャラが絡んできたりして、うまいです。


長さとローマ風表記があるので、読みやすさは★3つとしました。
Lexileは650だそうですが、いやいやいやいや、もっと高いと思うよ。
YLは8としておきます。

2019/01/04

レビュー:George's Secret Key to the Universe



George's Secret Key to the Universe
著:Lucy Hawking / Stephen Hawking
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★☆☆


かの有名なホーキング博士とその娘さんの共著です。

この本はちょっと変わった構成になっていて、基本的には主人公のジョージの物語があるのですが、途中途中で宇宙に関するコラムが入っています。
小説を軸に、最新の宇宙の知識を一緒に仕入れてしまおうというコンセプトなのですね。

小説はよく読むけど科学にはあまり興味のない子、逆に科学は好きだけど小説はあまり読まない子、それぞれが新しい領域に踏み出すきっかけになるかもしれません。

ただ、ちょっと辛口に言ってしまうと、ストーリーは単体で考えるとちょっと単調、コラム部分は科学知識としてはもうちょっと掘り下げてもらえた方が楽しい、さらにコラムが途中に入るので、読むスピードが遅い場合はテンポが悪くなってしまうという点がネックです。
特にテンポのところが、僕が最初に読んだときに挫折した原因でした。

でもそこそこ多読に慣れた今、改めて読んでみるとなかなか面白いですけどね。
どちらかというと、最初はコラム部分は無視して、ストーリーを一気に読んでしまうほうが良いかも。
コラム部分の説明は端的で分かりやすく、さすがホーキング博士という感じ。

Lexileは850だそうです。
YLは7くらいかな、5万語くらいなので。

2018/11/30

レビュー:Percy Jackson: The Demigod Files



Percy Jackson: The Demigod Files
著:Rick Riordan
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★★★

全5巻シリーズのPercy Jacksonですが、本書は4巻と5巻の間に発売された短編集になります。
短編3本とキャラクターや作中のアイテム紹介などが収められており、全体で3万語ちょっとのボリュームのようです。

最初にひとつだけ不満を言っておくと、途中、レイアウトの再現のため、ページが画像として挿入されている個所があり、Kindleではちょっと読みづらかったですね。

ストーリーひとつひとつは短いものの、いつもの調子でちゃんとオチもあるし、Clarisse、Annabeth、Thaliaと3人のヒロインたちもそれぞれ出番があっていい感じです。
個人的には、神々の紹介のところで、発音が書いてあったのは役立ちましたね。

Lexileは630となっています。YLは5くらいかな。
パーシーファンにはお勧めです。

2018/11/28

レビュー:For We Are Many (Bobiverse Book 2) (English Edition)



For We Are Many (Bobiverse Book 2)
著:Dennis Taylor
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★★☆

Kindle Unlimited対応。
Bobiverseシリーズ全3巻中の2巻目です。続き物なのでまずは1巻からどうぞ。

We Are Legionのレビューはこちら。

相変わらずスタートレックはじめ小ネタ満載なので元ネタが分からないと頭に?が浮かびますが、だんだん全部調べるのも面倒になってきたので、分からないところは「またヲタネタだな」と軽くスルーすることにしました。(笑)

本書、邦題では副題が「アザーズとの遭遇」となっているとおり、技術力の高い異星人との本格的なドンパチが始まったりします。
ボブのクローンも増えてきて、当然舞台となる星系、移住した地球人やDeltanなどの異星人など要素を追っていくのがだんだん大変になってきたかな。。

3部作の2巻目なので、ここであまり区切りがつかないのですよね。
結末が知りたくなりますが、、、長いからちょっと他の読んでからにします。(^_^;)
でも、これが無料で読めるのはうれしいな。

読みやすさは、大人向けのSFなのと小ネタが分かりにくいので少し低め。
Lexileは不明なのですが、1000程度かな?
YLは7としておきます。

2018/11/12

レビュー:Percy Jackson and the Last Olympian (Book 5)



Percy Jackson and the Last Olympian (Book 5)
著:Rick Riordan
読みやすさ:★★★☆☆
お気に入り度:★★★★★

パーシー・ジャクソンシリーズ、一応の完結編となります。
一応この後もシリーズの続編は出ていますが、ここで「Percy Jacson And The Olympians(パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々)」は一区切り。

Lukeの体に復活したクロノスとの最終決戦ですね。
そして、パーシーとアナベスはどうなっちゃうの?というお約束展開もあり。(笑)

タイソン、グローバーはじめ、いろいろなキャラクターたちに見せ場が用意されていて今までシリーズを読んできたファンとしては見逃せないです。

難点は、、、長い。(^_^;)
9万語近い長さとなっています。
それとシリーズ全体の特徴ですが、パーシーの一人称でストーリーがすすむため、別の場所のシーンはパーシーの夢で断片的に語られます。
前後のシーンがコロコロ変わるところはちょっとついていくのが難しいときもありますね。

ストーリーはこのあと、「The Heroes of Olympus」というシリーズに続きます。
こっちもねぇ、もっと長いんですよね。
しかしパーシーたちの活躍はまだまだ見たい!
だからいつか読むと想います。。。。

読みやすさは、長さを考えると少し低めかなと。
Lexileは690とのこと、YLは7くらいかな。

2018/10/23

レビュー:Ghost Town at Sundown (Magic Tree House)



Ghost Town at Sundown (Magic Tree House)
著:Mary Pope Osborne
お気に入り度★★★★★
読みやすさ★★★☆☆

マジック・ツリーハウスシリーズの第10巻。
今回は西部のゴースト・タウンが舞台です。

マスターライブラリアンになるための試験としてなぞなぞを解くのですが、なぞなぞは詩になっていて、リーディングとしてはちょっとむずかしいですね。
あまり気にしなくても良いんですけど、わからないと逆に気になってしまったりしますので。

それと、昔の人が出てくるストーリーではやや古い単語や地域の訛りが出てきたりするので、そこも難易度を上げているかも。
勉強になるといえばなりますね。

ただ個人的にはなぞなぞの答えが気に入ったし、物語のオチは良かったのでお気に入りです。

Lexileは510となっています。YLは2かな。

レビュー:Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth (Book 4)



Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth (Book 4)
著:Rick Riordan
お気に入り度★★★★★
読みやすさ★★★★☆

パーシー・ジャクソンシリーズも、区切りとなる第5巻まで残すところわずかとなる、第4巻です。

前巻Titan's Curseではアナベスがあまり登場しないので個人的にはちょっとさみしかったのですが、今回はアナベス全開です。(^_^)
ハリー・ポッターもそうだけど、主人公たちの年齢が上がってくるからだんだん男女とかも意識し始めたりしますね。
パーシーのお母さんの方も気になりますけど。

今回はタイトルに有る通りラビリンスを巡るストーリー。
ラビリンスというのはギリシャ神話でミノタウロスがいるあのラビリンスです。
テセウス、ダイダロス、イカロスなどの有名な英雄たちの逸話も話に絡んできます。

シリーズが進むに連れ登場人物も増えてきますが、どのキャラクターも魅力的なところがすごい。
特に、ハリー・ポッターみたいに主人公がウジウジしてないのが良い。(笑)

パーシーとアナベスどうなっちゃうの~?
ニコは???
といろいろ気になるところを残しつつ、第5巻に続くのでありました。。。

個人的にはアナベスとタイソンが出てくるのでお気に入り度は★5!
相変わらず固有名詞系が読みづらいんだけど、もう4巻ともなるとわりとコツが掴めていることもありますので、★4としてみました。

Lexileは590となってたのですけど、いや~、600~700台はあるでしょう。